だいたい月刊なみこ

写真とキャンプの話が9割でしたが、今後はカオスになっていきそう。。

土曜、ハービー山口さんの個展『人はいつだって誰かを待っている』を見に、下北沢の SMART SHIP GALLERY まで行ってきました。

The Crush の ジョー・ストラマーの写真、大好きなのですが生で見ることができました。

この表示になっている写真です。


ハービーさんの写真は、写る人たちの呼吸まで感じられそうな、その場の空気感を感じる所が魅力的です。
年代ごとに並ぶ写真でドキッとしたのは、2000年代の女子高生が河原で遊ぶ写真の中に写っていたポンデライオン!
そんな頃からあったんだ!って思うと同時に、その頃高校生に近かった自分の過去のことも急にリンクして思い出して、ああ、写真を撮るって言うことはこういうことなんだ…。
と、ふと感じました。

自分にとっての、誰かにとってのその時の記憶が写真の中にははっきりと残っていて。
この写真を見て懐かしい、って思う人がいることが大切なんだって。

綺麗な写真であることより、メッセージ性が強い写真であることより、私にとっての写真は誰かが見た時に懐かしいと思えるものなんだ。
そういうことを感じた瞬間でした。

いつの間に撮ってたの?だけどこんな時あったよねー。
なんて、話せる写真を残したい。

もっと、自分や友だち、家族の写真をたくさん撮って残しておけば良かった。
これからはそういうのをたくさん残して、データだけじゃなくて紙という形に出していこうと思いました。

撮りたいものはみんな撮れ。それがパンクだ。
そう伝えたジョー・ストラマー。なんてパンクなんだ!
胸が熱くなるメッセージです。

今日で個展は終わってしまいましたが、ハービーさんの良さは写真だけじゃなくて添えられた文字の魅力も合わせてなので、是非多くの人に触れていっていただきたいと思います。

ブログの更新も気付けばだいぶ久しぶり。
視力の低下と冬の訪れによって引きこもり生活へ。
ようやく春の息吹…むしろ夏のざわめきによって行動が活発になってまいりました。

前回は#撮 新春モデル撮影会に参加しましたということで、会社のカメラ部の活動への参加報告。
今回はオールドレンズの講座での撮影会です。

久しぶりのポートレートということで、前回学んだ中村和孝さんのカッコヨク見きれる技法をレッツトライ!

明日何着て生きてく?
雑誌のコーディネートのページをイメージした感じのカットはこちら。
レンズは Leitz Elmarit 90mm F2.8 結構より気味で撮りました。
流石、一色さんのご紹介のモデルさん素敵。。


ふとした表情が好き
次のポーズどうしよう?
みたいな雑談している時に振り返った一瞬。
いまだ!と思ってピントも気にせず撮った奇跡の一枚。
今回の一番のお気に入り写真になりました。
シャッターチャンスも一期一会ですね。


夏空と笑顔
こちらも視線がカメラにきてない、何となくした表情。
ちょっとはにかんだ感じの笑顔と風にふかれた髪が気持ち良さそう。
日差しは暑いけど、吹いてくる風は心地よい日でした。


大人びた表情
年齢を思わせない大人びた表情を見せてくれたのがこのカット。
カラーじゃなくてモノクロにして、更に引き締めてみました。
同じくモノクロでもうワンカット。
手すりの前ボケを入れながら。


もともと中学校だった敷地をイベント用に公開している中野マンガコート。
校舎の懐かしい感じと、今はもう使われていない哀愁と。
大人の自分たちには戻れないあの頃、みたいな複雑な気持ちがあいまった週末の撮影会となりました。
キラキラした日々は永遠の宝物なので、今を一生懸命楽しんでいって欲しいなぁと思いました。
人を撮るのはパワーがいるけど楽しい!
モデルさんと場所さえ確保できればもっと…もっと写真を楽しめるのになぁ。


そうそう、帰りは定番。
中野と言えばフジヤカメラ!よってらっしゃいみてらっしゃい。
からの〜、新宿に立ち寄って map camera と安定のレモン社☆
その後お茶をしながらhamashunさんに見せてもらったMS Opticalの視度補正付きマグニファイヤー。
ファインダーを覗いたら見違えるほど輝いて見える世界。
見える…見えるぞ!!
眼鏡がなくても裸眼で見えるぞ!二重像が!!

というわけで、その後はどうなったかは、次回のお楽しみ。
※下のは本家本元のLeicaマグニファイヤー
ライカ ビューファインダー・マグニファイアーM 1.4倍#12006【即納】LEICA M9/M8.2/M8/M3用マグニファイヤー【あす楽対応_関東】【あす楽対応_甲信越】【あす楽対応_北陸】【あす楽対応_東海】【あす楽対応_近畿】【あす楽対応_中国】 【RCP】[fs04gm][02P13Jun14]
ライカ ビューファインダー・マグニファイアーM 1.4倍

今回は初めての作品!ということですごい力を入れてしまったのですが、いい作品はその力を入れている所が嫌みじゃなく伝わるものなんだ。というのを感じました。
すごく自然で、だけど力強い。
そんな作品が受賞していったように思います。

細かいこだわりはもちろん、その人それぞれ思うところがあって力を入れているはずなのですが、すっと心の中に入っていくものがいい写真なんだと、思うに至りました。

私はどうも、作品!という所に意識が行き過ぎていたようです。
エモンギャラリーの小松さんにも鋭い指摘をいただいたように、何を表現したいのか、まずは光を掴むために数を撮る。そのことを努力していきたいと思います。
土曜日は残念ながら雪のためにイベント自体がお休みになってしまいましたが、この参加はとてもいい勉強になったと思います。

文字でイメージを伝えることも含めて一個の作品、といった見せ方をしていましたが、まずは目を引く心地の良い写真を撮れるように腕を磨いていきたいと思います。
好きなことで輝いている人たちはとても素敵に見えました。
そんな中の一人になっていけたらいいなぁと思い、今年も趣味も仕事も頑張ろうと思います。

————————

という所までが御苗場の反省でした。

今週は体調を崩してしまい、ほぼ家から出ずにストレッチしながら生きていました。
ただ、どうしてもいきたかった写真展とカメラのイベントがあり、土曜日は一日コルセットを装着して旅立つことに。

一つは銀座松坂屋で行われていた中古カメラ販売イベント!
こちらではビゾフレックスを軽く見学。
普段使っているLeica M8はレンジファインダーといい、今ある一眼のカメラのようにミラーに映した像をデータにするのではなく、ファインダーを覗いてピントをあわせたい場所の二重になっている像をあわせてそこでシャッターを切ると言う機構になっています。
そのビゾフレックスはレンジファインダーの撮影方法を一眼と同じく、ミラーに映して撮影する方法に切り替えるものです。

M8ではビゾフレックスIII型、且つファインダーの覗き窓が四角いタイプがつきます。
l

レリーズボタンを押す部分が他の型だと合わなかったり、ファンダーが丸いタイプは視度調整がついていますがM8では当たってしまって装着ができないので注意です。
Golf VariantのCMで氷室京介さんが構えていたカメラはLeica+ビゾフレックスIII+エルマー65mm!
16

かーっこいい!!四角いファインダーですね。
Leica、女性にももっと受けても良さそうなのに、周りでは使っている人が居ません。。
女性のカメラ好きな人でこのグッとくる感じを共有できる人、誰かいないかなぁ。。
商品は見つけて状態は良かったのですが、いかんせん高過ぎて買わずに後にしました


その後は帰り際に渋谷のパルコへ。
INFINITY VS
モデルは15歳の松岡モナさん。身長は180cm近いとか…!
かっこいい、すごく大人びて見えたり、あどけない少女だったり、なんて魅力的なモデルさんなんだろう!と思いました。

37


講座の先輩と一緒に行ったのですが、先輩が小林幹幸さんとお友達だったこともあり、休憩中の中村和孝さんにプロフィール写真を撮ってもらうことに…!!
中村和孝さんといえば柴咲コウさん、安室奈美恵さん、前田敦子さんなどなど、有名な芸能人、モデル、アーティストの写真をバリバリ撮られているスーパーカメラマンです。
治療ついで、みたいな雑な格好だし髪も適当だし、こんな状態で撮ってもらうなんて非常に申し訳ない!!けど、こんな機会おそらくもうこの先絶対ない。。と思ってお言葉に甘えることに><
そこで勉強になったのは、どういうアングルで写真を切り取るか、でした。

素人な私が写真を撮る時は、以下にファインダーの中に人を収めるか、まっすぐに撮るか。みたいな所ばかりに意識が行ってしまいます。
しかし、中村さんは近くに寄って上部を切る、肩を切っちゃう、かと思えばすっと引いて全体を収めるのですが、真ん中じゃなく周りの空間の取り方が美しい。ふわっとした空気感。
こっちはバリバリ緊張しているのですが、その合間を縫って息を吐いた瞬間を切り撮られる。そんな感じでした。
撮影の間はすごく静かで、流れるようにポーズの指示が出されて、呼吸をしているうちに夢の時間は終了。
2週間後ぐらいに写真が送られてくるそうです。高まる…!

中村さんの撮影された大判ポラロイドの写真もすごく素敵。
写真撮影ができなかったのですが、さっきのイメージの1番上、右から2番目の深い青の写真が中村さんの写真です。
かっこ良かった。。本当に見に行って良かったし、何回観てもきっと飽きない写真展です。

小林幹幸さんの写真は波打ち際を馬と一緒に歩いている写真がとても素敵でした。
あの淡い青と白い馬と波の光る感じがたまらなくギュッとしました。
舞山秀一さんの写真は朝日の中で光り輝いている横顔の写真にうっとり。
全部の作品に一つずつ大好きが見つかって、こんなに贅沢な写真展はないなぁと。。
月曜までなので、ファッション好きな人、写真が好きな人、是非見に行ってみてください。

いい刺激を受けました。
素敵だと思うことを、真似しながら写真を撮っていってみよう…!
反芻しながら今日はゆっくりします。。w


なんだかんだ一ヶ月近くねかせてしまっていましたが、先月のオールドレンズ講座はモデル撮影!でした。
モデルは斉藤きみさん。とってもかわいい子でした!
フェレットも飼ってるらしく、親近かーん!

1人のモデルに対して10人近い人数で撮影していたのもあって、うまく近寄れないとなかなか撮るのが難しい状況に。
ズマリット50mmで逆光でフレアで、みたいな状況になってしまってピントをあわせるのも狙った画角で撮影するのも難しい。。
そんな中、ご好意でフォクトレンダーのCOLOR HELIAR 75mmを借していただき、再度撮影に臨むことに!
はっきりくっきり写りながらもほんのり優しい雰囲気の描画が素敵…。
背景の枝も空に綺麗にとけてるし、冬の寒い雰囲気を良く写してくれているなぁと言った感じで好きになりました。
ピント合わせめっちゃしやすかったです。



個人的に好きなショットはこちら。
ちょっと憂鬱そうな表情が個人的にぐっときます。
M8でUV/IRフィルター無しだったので葉っぱの色がちょっと変ですが、これくらいなら大丈夫かな。。



学校の放課後に待ちぼうけ、みたいなストーリーっぽさがあるショットはこちら。
ちょうど隣が学校のグラウンドだったので、青春のあまずっぱさイメージをしながら撮りました。

撮ってみてて思ったのは、人を撮り慣れている人は声かけもうまいしポジション取りもスマートだし、ポートレイト撮影用の技術は通常の街撮りと全く異なるんだと言うこと。
恥ずかしくって恥ずかしくって、お前は中学校男子か!!ってぐらいにドキドキして何も言えなくて、夏。
そんな感じでした。
これはもう、場数を踏んで心を鍛えるしかないなと思った新年の初講座なのでした。

20

がっつんがっつんスケジュールを巻いて、なんとか現像まで辿り着けました。。
フォトブックも用意したし、明日は午前中お休みをいただいて印刷ラボに行ってきます!

当初の構成とはだいぶ変わってしまったけど、表現したいものは出せたと思う。。!
ほんとはカラーの作品もあったのですが、赤外写真だけになってしまって。
彩りを揃えてくださったフラワーアレンジメントの林さんには、本当に申し訳ないことをした気持ちでいっぱいです。。

写真の撮影やブライダルでお花の用意が必要になった貴方!
ミニ・エ・マキシ フラワーデザインさんはほんとに素敵なお店なので是非!
希望をちゃんとお伝えしきれていなかったのですが、作品のコンセプトをお伝えした中で素敵なアレンジをしていただきました。

協力してくれた友だちにも感謝。
無茶ぶりにも関わらず、何も言わずに最後までつき合ってくれて本当に感謝しています。
一生頭が上がらない思いでいっぱいです。

今回初めて「作品を作る」という行動を起こしたのですが、関わってくる人が多いほど成し遂げなきゃ行けないプレッシャーがすごいんだな…!と言うことに気付きました。
今まで一人で撮って、自分が好きなように現像して印刷するっていうスタンスだったので、誰かと何かをする。っていうことの難しさと大切さを学ぶことができました。
途中何回ももう展示やめようかな…って思ったけど、その都度気持ちを持ち直せたのは応援してくれた人たちの存在なんだと思います。
後、限界を決めるのは自分だって何回も心の中でつぶやきましたw

そんなこんなで、来週13日から開催するCP+の会場内で御苗場Vol.14に参加するよ

開催日時:2/13(木)〜16(日) / 在廊は15-16日予定
場所:パシフィコ横浜
展示場所:239、会場の入り口手前 [御苗場展示MAP]

当日入場は1,500円かかってしまいますが、サイトで事前登録をすると無料になります。
詳しくはCP+のサイトをご覧ください。
もしもお近くにお越しの際は是非いらしてくださいね

次回こそオールドレンズパラダイスの記事を書きます…!

あけましておめでとうございます!(遅
というわけで新年初更新です。

最近は自分自身の方向性を変えることに一生懸命になっていて、写真がおろそかに。。
なのでここは目標を持っていこうと、御苗場の出展を心に決めて今準備中です
夏休みの宿題はギリギリまでやらないこと代表の私。
切り詰めたスケジュールの中で限界まで突っ走る所存です。

赤外写真とカラー写真の対比を考えていて、そもそも人物を赤外で撮ったことなんてないぞ
って言うところからはじめております。
こういうの何ていうか知ってる。
無謀って言うんだわー。
…がんばろう。

で、屋内で撮影が必要になったのでいくつか揃えたものがあったのでご紹介いたします。
屋外でもなく赤外のない状況でどうやって撮るの!?っていうことで購入したのがフラッシュライト。
Leica純正のライトも迷ったのですが、M8と連動してAUTOフラッシュが使えるOLYMPUSのFL-36を購入しました。
ライトの向きを調整できるので、バウンス撮影もできます。
今回は直接光を当てる必要があるので、バウンスはしません。
試しに自分撮りをしてみましたがちゃんと写っていました!
撮ったデータは気持ち悪いのですぐ消しました…。


後もう一つは三脚。
MeFOTOのシャンパンゴールドを買いました。
足を逆に畳み込むことでコンパクトになるし、足を外して一脚としても使うことができます。
耐荷重重量も4kgとそれなりに頑丈な作りなので安心です。
女子受けしそうなカラバリ豊富なのも良いですね


そんな感じで準備を進めております。
間に合うかなぁ。。
次回は新年初のオールドレンズ講座で撮ったポートレートを公開します。

タイトルにもあるように、自分の限界は自分がいつも決めているわけなので、後もう一歩。と踏み出す気持ちを忘れないように生きたいと思います。
「言うは易く行うは難し。」ですが、アーもうダメかな、と思った時には呪文のように唱えよう。

諦めたらそこで試合終了だよ。って安西先生の言葉が今、心で理解できたよ兄貴ッ!って感じです。
文字にすると当たり前じゃんってことでも、自分の中で消化して行動するのはまた違う次元の努力がいるんだなぁ。

2014年楽しく行こう!
いい年にするのも、悪い年にするのも自分次第。
今年もよろしくお願いしまぁああああっす!

ブログネタ
2013年を振り返って一番印象に残った出来事は何ですか? に参加中!
新しいことを10個やろう!というのが今年の目標だったわけですが、さて何個こなすことができたでしょう。
  1. ハワイに行った
  2. シュノーケリングに初挑戦した
  3. 自分の写真を展示会に出した
  4. 沖縄の離島に行った
  5. Leica M8を買った
もうちょっと色々攻めていけば良かったのかもしれませんが、マイペースってことで!
今年の一番印象に残ったことは、やっぱり海外に行ったことですね。
そこで撮った写真を展示会にも出しましたし、いい経験になりました。

写真の展示会はまさに学園祭でした。
学生の時の楽しい気持ちを思い出して、趣味を努力していくってことの楽しさを改めて感じることになりました。
このことを糧にして、来年の御苗場に出展を決めました。
新年からはその展示に向けての準備を始めることになります。
慌ただしい新年になりそうですが、もう一度初心に戻って何を撮りたいのかを考え直していこうと思います。
自分なりの表現って何だろうなぁ。。

さて、来年はどんな年になるでしょう!
今度はぼんやりゆっくり海外を楽しみたいなぁ。
街並や人をのんびりと撮りたいです。
最近は人を撮るのが楽しいので、いっぱいいい思い出を撮るぞー!

短いですが振り返りと言うことで、また来年もよろしくお願いいたします

ここ最近は M8 + Leitz Summarit 50mm / f1.5 ばかりをこれでもかってくらいに使っています。
他にあまりレンズがないからなのもあるのですが、何より写りが好きです。

1949年に製造が始まったこのレンズ、ざっと60年は前のものになります。
父や母と同世代です。
絞り開放ではふんわりと滲んだ写りをします。
加工したの?と聞かれるとがありますが、色味の調整はしていますがソフトフォーカスのような加工は全くしないで柔らかく写ります。

光を反射したところが滲んで幻想的

赤ちゃんのふっくらした印象にぴったり。

同僚の子どもと遊ぶ同僚の後ろ姿


背景がぐるぐるとボケる特徴もあります。

秋川渓谷の竹林


フレアが非常にでやすいレンズなので、フードはあった方がいいですが、フレアも味の一つよね!
って思っちゃう脳なので、あえてつけないで写真を撮っています。
あまりにもひどい時には空いてる手で晴れ切りをしてやれば十分かなーと思っています。

秋川渓谷の紅葉とフレア


背景のボケ味も柔らかく軟調なコントラストが空気を写す感じが好き。

唐辛子。赤がビビット過ぎないのが◎



西日の中の古民家と柿の木。昭和を感じる


絞るとしっかり撮れます。
荒々しい自然にはモノクロで。ちょっと粒子を粗くしてフィルムっぽさを出してみたり。

秋川渓谷と岩場


開放でやさしく、絞ってくっきりと。
って遊べちゃうのでとってもいいレンズです。
明るいレンズなので室内でもそれなりにシャッター速度を稼げるのもいい所!
夜も光源が近くにあればなんとか頑張れるぐらいには撮れます。
子どもをとるのにすごいいいレンズで、最近は人をとることが楽しくて仕方がないです。
使うレンズによってとりたいものが色々変わるので、奥が深いなぁと思った次第です。

今年も残すところ10日もないですが、振り返りはまた今度!

素敵な作品を見て是非オールドレンズの世界へ!
Kyasyapa for Leica / Leitz Summarit 50mm / f1.5




今日はオールドレンズパラダイスの撮影実習で等々力渓谷まで行きました。
運動不足解消がてらに自転車で移動したものだから、ご飯もヘルシーなものを食べよう!と思い立ってちまたで噂のサラダチキンを買いにセブンイレブンへ。
25045500_320x240

元ネタ: セブンイレブンの「サラダチキン」がまさに“ダイエットの権化”と話題に
残念ながらAmazonでも楽天でも取り扱いはしていないようです。

店舗に到着。
棚にない!と絶望したのですが、こっそり全然関係ない棚の端っこに置かれているのを発見!
そのままでも食べられるそうですが、なんか寂しいなぁと思ったら、これまた野菜売れ残りコーナーに悲しく放置されている白菜を発見。
よし、パパ今日はピェンロー作っちゃうぞ
dancyu読者支持率No1 ピェンロー(dancyu2012年12月号)
顆粒の出汁は使わずに干し椎茸や豚肉、鳥もも肉からうまみを引き出すのが本来の作り方なのだけど、お肉はサラダチキンだけで補いたかったので鶏ガラスープで代用。
春雨がコンビニで売ってない!!
そんな時には

コンビニで必ず売ってるOLの味方。
こいつで代用しちゃいましょう。(シンプルな味のやつなら何でもいいと思います)
鶏ガラを控えめにして粉末も投入しちゃえばうまみもプラス!

作り方は簡単。
白菜の芯の部分を食べやすいように薄く切って、沸騰したスープに先に投入して茹でます。
芯がくたくたになった所でざく切りにした葉の部分と春雨、手で裂いたサラダチキンを投入します。
ごま油を2周りほどまわし込んだら葉がしんなりするまで煮て完成。

スープの味は薄めに作って、塩と七味をお好みでよそった取り皿にスープをとり、薄めてつけダレの完成です。
白菜1/4でも鍋いっぱい3〜4食分はできます。
元々下味がついてるチキンなので十分美味しい。
長く煮込まないでさっさと作れるのが時間のない時には良さそうですね。
サラダチキンのピェンロー

このページのトップヘ