だいたい月刊なみこ

写真とキャンプの話が9割でしたが、今後はカオスになっていきそう。。

カテゴリ: キャンプ

またもや二ヶ月ぶり、前回の野反湖キャンプに続いて今度は長野のすっごい広いキャンプ場、駒出池キャンプ場に行ってきました。

素晴らしいまでに黄金色の田んぼ
素晴らしいまでに黄金色の田んぼ


とにかく敷地が広い。フリーテントサイトは4カ所にわかれていて、更にバンガローがいくつもあります。
変わった所だと予約をすればパオに泊まることができます。
事務所は夜18:00まで開いていて、ちょっとした食べ物を買うことができますが、足りないものを買い足すぐらいのものしかありません。
車で20分ほど離れた所にスーパーがあるので、そこで買いそろえるのが良さそうです。
マツヤ南佐久店です。
現代っ子にとって大事な電波状況は、今回の場所はSoftBank、auでもギリギリ電波が届くところでした。docomoなら余裕そうです。

地面は芝生、林の中の草地(水辺が近いので少し地面が湿気っている)などお好みにあわせて選べる感じ。
私たちは川の音を聞きながら眠りたかったので、林の中にあるテントサイトを選びました。
”サイト内に流れる小さな川"
サイト内に流れる小さな川

テントサイトごとに調理台とトイレがあります。シャワーやコインランドリーもあるようです。
寒ければ毛布を借りることもできます。
設備は管理されていて綺麗でした。

選んだサイトは白樺の木と胡桃の林の中でした。
上から木の実が落ちてきてて、ぼこっという音と共に降ってくるのでヒットしたらさぞかし痛かったろうなぁ。(おそらく胡桃の実)
白樺と胡桃の木
白樺と胡桃の木


すぐ側には池があって水面に映る木の影が綺麗でした。
白い木と黒い木
白い木と黒い木


今回は車でいろいろ荷物を運べたのもあって、パエリアや焼き鳥を作って食べました。
サフラン控えめでちょっと薄い色w
回を追うごとに装備がリッチになって行きますネ!
初パエリア!
初パエリア!

最後の方はこげ始めててんやわんやだったけど、美味しくできました
青空の下で食べるごはんうますぐる!
友達が早速お酒に酔って意識を飛ばしてたのが楽しかったです

湿った場所だったせいか小さなカエルがいっぱいいて、踏みつけないかヒヤヒヤしました。
P9301685
小さなカエルかわいい

後ろからそっと撮ったら逃げられないで撮れたよ!

P9301683
わたげふわふわ西洋タンポポ


夜は満月が綺麗でした。やっぱり三脚はあった方がいいですね。
P9291656
ぶれぶれだけど木の影が好き

事務所の所でお祭りの時に売ってるキラキラ光る輪っかが売ってたので、暗闇の中で場所を把握するために一人一個ずつ腕につけて遊んだりしました。
初めて段ボールで薫製を作ったりして、ちょー楽しかったです。
ウズラの卵の薫製はすっぱい!
お肉は燻して冷ましてから焼くと、スモーキーで良いですね♪

次の日は朝から余ったお肉でバーベキュー!
こんなに食べれるかー!ってぐらいエンドレスで食べ続けました。
10時以降は延長料金300円払うとデイキャンプとして夕方までいられるのが良かったです。
お肉がなくなるまでのんびり滞在しました。
一個難点と言えば、ゴミの回収が9:30までで、それまでにある程度のゴミはまとめておかないと回収してもらえなくなっちゃうので注意です。
後分別も細かく分かれているので、ゴミ袋は事前にわけておくのがベストですね。

名残惜しみながらキャンプ場を後にして、坂道をおりきった所にある小さなお土産物屋さん。
高千穂にある牧場産のアイスクリームが絶品でした。
売ってたリンゴが異様に美味しくて、美味しいを連呼。
うますぎーやばいー!
長野県産のリンゴは率先して購入いたしますことを誓います。

お土産物屋さんのそばに生えていた、秋桜とススキ。
P9301733
秋空高くススキが靡く

P9301734
秋桜とうろこ雲


認めざるを得ない。これはもう、秋ですね。
初めて長野に行ったのですが、本当にいい所でした。
行きそびれてしまったのですが、白駒の池がここからすぐそばにあるので、時間があれば是非足を伸ばしてみてください。
観光スポットとして最高のロケーションと地元っ子の友達が申しておりました。

さて。今年は後もう一回ぐらい行けるかなぁ。
次回忘れちゃ行けないのが食器洗剤!
網持ち込みでBBQをやるのであれば必須ですね。。って痛感しました。

スコッチブライト がんこたわし 厨房用(業務用)
スコッチブライト がんこたわし 厨房用(業務用) [ヘルスケア&ケア用品]
スノーピーク(snow peak) ソリッドステートランタン ほおずき                   ES-010R
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 鉄製スーパーエンボス加工パエリアパン28cm M-5587
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 鉄製スーパーエンボス加工パエリアパン28cm M-5587 [スポーツ用品]
スノーピーク(snow peak) ソリッドステートランタン ほおずき ES-010R [スポーツ用品]
BUNDOK(バンドック) ツーリングテントAグリーン×Wベージュ [1~2人用] BDK-17
BUNDOK(バンドック) ツーリングテントAグリーン×Wベージュ [1~2人用] BDK-17 [スポーツ用品]

DSC_0024
湖畔が水面に反射しているのではなく透き通って下が見えている

二ヶ月ぶり、前回の河口湖キャンプに続いて今度は大自然のキャンプ場、野反湖キャンプ場に行ってきました!

DSC_0013
野反湖ビジターセンター

今年になってできたというビジターセンター。
お昼時にはカレーやラーメン、アイス等が売っています。
広い喫茶スペースがあって、インスタントラーメンやパン、薪、炭、着火材、ガスボンベ、お土産物、ワイン、お肉等が売っています。
残念なことにお野菜の取り扱いはなかったので、鍋やBBQ、カレーを自炊したい人は途中の六合道の駅でお買い物を済ませるのが良さそうです。
ビジターセンターは 8:30〜18:00 営業。
お酒や飲み物の自動販売機が常設されているのと、シャワールームは24時間利用可能になっていました。
現代っ子には大事なことなのでお伝えするとdocomoは圏内ですが、SoftBankはガチ圏外でした。
だいぶ山を下るまで使い物になりません。プラチナバンド意味無し。。

とにかく設備がとても綺麗に整頓されていて、トイレも広くて綺麗でした。
バンガローも綺麗に整備されていそうです。(外観しか見てないですが)
駐車場自体は夜間入場不可能になる所もありますが、一部は24時間利用可能なように開放されていたりして、だいぶ自由です。
(ただし夜間はビジターセンターが閉まっちゃうのでチェックインができなくなっちゃうので注意です)
チェックアウトの時間も特にないようで、お昼過ぎまでだらだらすることも可能でした。
(帰ってきて確認したらサイト上では正午となっていましたが、特にビジターセンターでチェックアウトのことを言われませんでした。私たちがカードを返却したのは13時頃だったと思います。)
テント一張り1300円、一人の宿泊費が300円でした。

テントサイトはビジターセンターから徒歩10分ほど離れた所にあって、リヤカーを借りて荷物を運んで行きます。
DSC_0021
テントサイトに続く道

道はちゃんと舗装されていて、荷物を背負って行くのであれば途中で細い橋があって5分ほどショートカットして向かうことも可能でした。
テントサイトはとても広く、周りが全然気になりません。
ゴミ箱も荒らされないように小屋の中で管理するようになっていて、調理場の流しも調理台もピカピカで野外の設備なのにちゃんと管理されているんだなぁと感心。

テントサイトの地面は一部小石等の混ざった基本は草地、フリーサイトです。
傾斜のある地面の箇所もあるので、ポジション取りは結構大事かも。
寝てみて体がゴツゴツして痛い、とかは全くありませんでした。
草地なので基本直火はNGだと思うのですが、所々テントサイト内に火を起こせるように加工された場所がありました。(サイトには特筆されていません。)
大自然なのと湖畔なので虫がいっぱいいるのは覚悟をした方がいいですね!
ただ、蚊に刺されることが一切なかった不思議。。

とにかく大自然!夜は真っ暗闇、街灯も車の音もいっさい聞こえません。
光が暗闇に吸い込まれてしまうような感じです。
鍋でもやろうかなーと思ってたのですが、流石に野菜がなくては何ともなので、とりあえずお肉を焼いてご飯を食べるというワイルドな夜ご飯でした。
けどそれでも楽しいのがキャンプの醍醐味、なのかなー。
今回の目的は自然の中でぼんやりすることだったので、というか、いつもぼんやりするだけが目的なんですけどね。
アクティビティがなくても満足できるのが大人流。。?
DSC_0043
テントからの眺め

ご飯を食べ終わったら毎度のことiPadで星空の下アニメを見ながら酒飲んでぼんやり。
実は夕方結構な雨に降られたりしてテンションが下がったりしたのですが、夜は雷が光るものの無事ことなきをえました。
蛾がめちゃくちゃ寄ってきたのにはちょっと辟易としますた。。
けど自然だし仕方ない!
うっかりご飯と一緒に食べなかっただけよしとしよう。

翌朝は暑さとうぐいすと子どものはしゃぎ回る声で起床。
昨日買ったカップラーメンを食べて、木陰に移動してテントを乾かしながらの漫画タイム。
流れる雲を仰向けになったり横になったりしながら写真を撮って、ごろごろ。
何もしないのが最大の贅沢だなーと噛みしめながら帰路についたのでした。
DSC_0067
ただただ広くて青い空


26
地図上の道はほぼ上りのぐねぐね道

車じゃないととても行きづらい所にあって、更にレンタルテントもないので自分の装備を持った人たちじゃないとちょっと厳しそう。
バンガローはあるけど、だいぶ離れているのでテント持っていない人と一緒に泊まりにくるにはあまり向かないかもしれません。
(お互いが歩いて20分ぐらい離れているのと、夜は足下が危なそうなので移動に適さなそう)
周りが山だらけなので、キャンプで泊まりながら山を歩く人たちが結構いました。
水着があれば川が温泉になっている尻焼温泉に立ち寄ったりするのも楽しそうです。

虫が寄ってきづらいライトを買うべきか迷います。
光源は上に置けるのが断然便利ですね。
真夏キャンプを体験してタープの偉大さを実感するキャンプになりました。
次はどこに行こうかなぁ。。

DOPPELGANGER OUTDOOR(ドッペルギャンガーアウトドア) ヘキサゴンタープセット クレイジータープTT5-48 (ペグ、ポール2本、キャリングバッグ付属)
DOPPELGANGER OUTDOOR(ドッペルギャンガーアウトドア) ヘキサゴンタープセット クレイジータープTT5-48 (ペグ、ポール2本、キャリングバッグ付属) [スポーツ用品]
モンベル(mont-bell) スパイラルホロウバッグ#3 バルサム BASM [最低使用温度-10度] 1121152
モンベル(mont-bell) スパイラルホロウバッグ#3 バルサム BASM [最低使用温度-10度] 1121152 [スポーツ用品]
CRAZYCREEK(クレージークリーク)HEX2.0オリジナルチェア 12590011
CRAZYCREEK(クレージークリーク)HEX2.0オリジナルチェア 12590011 [その他]
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) レギュラーガスカートリッジ CS-250 M-8251 [HTRC 2.1]
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) レギュラーガスカートリッジ CS-250 M-8251 [HTRC 2.1] [スポーツ用品]

ニューブリッジキャンプ場
間髪入れずに二回目のキャンプに行ってきました。
前回のエントリーは #趣 初キャンプに行きました こちら。

今度は富士五湖の一個、河口湖畔のキャンプ場 ニューブリッジキャンプ場 です。
新宿西口の高速バスターミナルから出て、ゆっくりみて2時間で河口湖駅に到着します。
更に河口湖駅から車で10分ぐらいの所にキャンプ場はありました。

キャンプ場付近には北原照久さんの北原ミュージアムやバッティングセンターとかもあって、ガッツリ観光地でした。
歩く範囲で温泉やスーパーがあるし、キャンプ場自体にすっごい数の貸し出し品が揃っているので、右も左も分からないニュービーなキャンパーにはオススメです!

つまり私たちの事だ!(なにせキャンプ2回目と初めてのキャンプの組み合わせ)

焚き火台もボールも鍋も火箸も炭も薪もおたまも借りました(キリッ
周りを見れば玄人キャンパーの群れ。。わー。あうぇーい。。
フリーテントサイトは結構空いていて、区画も特に決まりがないので自由にテントが張れたのが良かったです。
しかも地面は林なのもあってペグが打ちやすい柔らかい土。
落ち葉がたまっていてテントの底もぬれないし、土直じゃないのでやわらかくて暖かったです。

ピンクのレジャーシートはLOGOSのを買いました!
まいテント
起毛のレジャーシート暖かい
前回の勉強を生かしてガスバーナーも買ったし、トイレットペーパーも持ってきたし、あったかいお茶やスープも買いましたよっ
そうだ、椅子もクレイジークリークの型落ち版を買いました。万全!
音楽を聴く為に持ってきたiPadとスピーカーは後で役立つ事に。。w

まずは湖畔をふらふらと散歩して、その足でスーパーに買い出しへ。
鳶と富士山
鳥と富士山
鳥だー!と思って撮った一枚。多分とんび。もしくはカラス。

途中河口湖ハーブ館に隣接するカステラ工房でラベンダーソフトクリームを食べました。
ラベンダーソフトクリーム
ラベンダーのいい香り
ラベンダーのせいかスッとした口当たりになってて、暑かったのもあって最高にいい感じ!

そういえばその後でめちゃイケメンみました。








イケメン!
むっちゃ いけ麺 !
麺屋 いけ麺 レビューは まだない。

キャンプ場から歩いて15分、スーパー OGINO。何でもあります。
前回食べたサッポロ一番の塩ラーメンが異常に美味しかったので、今回も買いました(`・ω・´)
鍋が一番手がかからなくて楽ですね。洗物も少ないし。
朝食用にパン屋さんでパンも購入。

キャンプ場の調理場は相当な広さがありました。
2、300人余裕で入れるんじゃないかな?
テーブルも釜もあるので、大人数で自由に使えていい感じでした。
だがここはあえてテントの側で焚き火でしょ…!
という、初心者のハイテンション。

鍋を借りにいったら100個近い数があってびっくりしたり。
ちょっとした調味料や油、カレーのルーとかまで売ってました。
3日前に予約を入れるとカレー、ほうとう、BBQなどのフルセットの食料も用意しておいてくれるみたいです。

洗い場に食器洗剤はないのが普通かーと思って、次回は小さい容器に詰めてこようと思いました。
そうそう、調味料忘れがちだけど都度買うのももったいないので小さいケースに入れて持ってくるのがいいですね。。
スタックできるスパイスミサイルって言うのが良さそうだなぁと思ったのでメモしておきます。

テントの側で鍋を温めながら、音楽を流すようだったiPadでアニメの上映会!
星空の下でアニメ
亡念のザムドを最初からw
星の下でアニメ、なんだか格別でした。
月も堪能。まんまるで綺麗でした。
大きな通り沿いにあるので車が結構ひっきりなしに通るのと、街灯がまぶしい事が残念でした。
ただ何でもそろう状況なので、始めたばっかりの人同士で行って感覚を掴んで次回に生かすにはとってもいいんじゃないかな!
レベルが上がったらどんどん山奥に潜っていく方向で。

朝早かったせいもあって23時過ぎにはシュラフに入ったまま意識を失って朝に。。
また何もせずに朝になってしまったよ。。orz
今回は足下の寒さに凍える事もなくたくさん眠る事ができました。

鳥の鳴き声で健康的に7時前に起床っ
朝だ!焚き火だ!燃やせ燃やせー
燃えるパン
燃えるパン
お腹すいて早く食べたかったのでファイヤーしちゃいました。
なんだかとってもスモーキーなお味。
IMG_6293
コーンスープも一緒に!
チーズ入りのパンだったのでスモークチーズみたいな味で良かった!

河口湖駅までの帰りの道は危うく高速バスに乗れないかもしれない恐怖と戦いながら(タクシーが全然走ってなくて)、なかなか必死で楽しかった。。!
運良く通りかかったタクシーに助けられました。

-- ここから新宿 --
あっという間にキャンプが終わり、ぐしゃぐしゃのテントを畳み直しに新宿中央公園へ。
ランチパーティやってる人もいたりして、だいぶまったりしたいい雰囲気。
ちゃんと中央公園に入る事ってほとんどなかったので新鮮でした。
都庁となぞの建造物
時になると鐘が音楽を奏でる謎の建築物と都庁
レジャーシートをひいてゴロゴロしながら、友達はiPadで漫画読み始めるしフリーダム。
音楽かけながらうたた寝しながら平和な時間を過ごしました。

それもつかの間!雷鳴が響き始めたかと思うといきなりの通り雨。
ゴロゴロ言い始めた瞬間に荷物を木の下にまとめて正解!
雨がやんだ瞬間をついて素早く帰宅。
玄関に着く瞬間にまた降り始めて、濡れないで帰れたのは奇跡だな、、と思いました。
バッグにかける防水カバーと浸水しない小物入れは必須ですね。。
勉強になるとともに買うものリストが増えていくのでした。

そうそうあとグランドシート。
地面に直接テントを置かなくてすむし、雨の浸水も考えて今後買おうと思います。
アウトドアって大人の遊びですね。
秘密基地ごっことか大好きだったので、本当に楽しいです。
誰か他にもキャンプ仲間増えないかなーって目をギラギラさせています。
女子キャンパー絶賛募集中ー!

おまけ)
目の鋭いガチョウ
ゴルゴみたいな目をしたガチョウ

中央公園を治めた金属のボール
謎の建造物のてっぺん。公園がまるっと治まってた


夜のテント群

キャンプに行くぞ!仕事で延期。(去年10月頃)
キャンプに行くぞ!!雨で延期。(3月頃)
キャンプに行くんだぞー><

ということで、ついに悲願達成!
半年を経て初キャンプに行ってきました。

新宿を8時に出発して新幹線から私鉄を乗り継ぎようやく修善寺駅へ。
ついたのがちょうどお昼近かったのもあって、駅前で何の気なしに入った喫茶店。
カレーとか蕎麦とかあるし、大丈夫か…って思ってたら、山菜蕎麦がかなり美味しくてびっくりしました!
IMG_6102
あぐりというお店でした。
つゆの味がしっかりしてたのと山菜のあまじょっぱさが良い感じで、ついつい飲んじゃいました。

腹ごなしをして、向かうのは萬城の滝キャンプ場
まんじょう、ではなくて、ばんじょう、と読むそうです。
駅からタクシーで15分くらいの所にありました。

初めて知ったのですが、テントはどこでも張れるものだと思っていたら全てがそうではないみたい。
ここのキャンプ場は区画が決まっていて、区画一個で2620円(だっけな?)でディキャンプができるとのこと。
キャンプ代に関しては場所によってルールも料金帯がまちまちなのだそうです。

施設としては、大きな炊事場が一カ所あって、トイレは何カ所かに点在していました。
トイレに関しては、水洗で思ったよりも全然綺麗に整備されててびっくり。
ちなみにこの日のお客さんはバンガローに3つ入っているだけでテント側はガラガラだったので、自由にできたのが良かったです。
テントサイトよりもバンガローの方がたくさん面積を占めていそう。

さて!一番最初のお仕事テント張り!
手伝ってもらいつつ、生まれて初めてテントを張ったよー!
小川キャンパルから出ているミルフォード12という2人用のテントです。
IMG_6104
中に荷物置いたりして、ちょうど一人でゆったりつかえるぐらいの広さでした。

その後は日が暮れる前に名物の萬城の滝を見に散歩へ。
IMG_6111
わさびが名物なだけあって流石に水は綺麗。
なんかちょっと岩場に人工的な所があったけど、気にしない。
ちなみにこの滝、裏側からも表からも見ることのできる滝で両思いになれるジンクスがあるらしいですが、裏側は通行止めで行けなかったは(白目

そこよりもわさび田が段々で綺麗で個人的には好きでした。
IMG_6119

もっさーってなってた不思議な木。どうしてこうなった。
IMG_6121


散歩の後は淹れてもらった珈琲を飲んだり、お菓子を食べながら焚き火を燃やすお仕事。
を、見るお仕事をしていました。

キャンプマスターの人はなんかものすごい捗るアイテムいっぱい持ってるし、つい先日キャンプバージンを脱した同僚も神アイテムをたくさんもってるし、一緒に脱キャンプバージンした同僚もなんだか色々買い込んでるし!
じーっとガスバーナーを眺めるお仕事をしながら、次ぎくるまでに絶対に買ってやる。。と、心に誓ったのでした。
すごい羨ましかったー!(叫)素直に。

大事なことなのでメモすると、トイレットペーパーは捗る
行く時はグループに1個は絶対に持っていこうと思いました。
後アレね、水汲み大変だから汲み置きできるものは無いとだめですね。。
買う予定のものが一気に増えました。あーあー、あとー椅子も!!
余力ができたら内装にもこだわるようになりたいです。

日も暮れるとほぼ一寸先は闇状態に。
IMG_6136
こちらはマスターのランタン。いっすね。捗るデザインですね!
IMG_6135
マントル型のバーナーランタン。丸っとした光がかわいいです。

まだまだ山の中は寒い!カット野菜を買い込んで作った鍋。
ごった煮の鍋。最高に美味かった…!!
IMG_6138
塩ラーメンや棒らーめんをつっこんで食べると、何だろうもう幸せすぎる。
寒さと非日常と炎が相まってテンションがあがりまくりました。

その後はこっそり用意した同僚の誕生日サプライズお祝いをしたり、トランプをしたり。
後はみんな個々でのキャンプの夜を楽しんだのでした。
寒さのあまりシュラフに入ったらすぐ寝落ちして朝を迎えたのは秘密だ。。
何もしなかった、テントの中で。寝ただけ。。
次回は何か捗るアイテムを持っていこうと誓ったのでした。

こちらが夜に撮ってもらったテントの写真。
P1010457
全体を撮ってもらったらこんな雰囲気。

本当に行ってよかったー。
楽しいと思えることはどんどん広げていきたいなーと思います。
一人でもキャンプに行けるようになる(主に道具的な意味で)のが目下の目標になりそうです。

このページのトップヘ