だいたい月刊なみこ

写真とキャンプの話が9割でしたが、今後はカオスになっていきそう。。

カテゴリ: iPhone

画像1

DQのオープニングみたい!


今日の夕焼けは燃えるようでした。

ブログアプリでフィルター加工ができるので、ちょっと色調整をしてあげてみましたよ!の話。
便利です!
23種類の画像フィルター、初心者にも使いやすいアクセス解析標準装備ー。


トイレからの眺め
2012.07.31 Thu

Filter: Amaro
Contrast: ON
Comment:
光の帯が雲を突き抜けていく感じを出したくてコントラストを付けました。
元画像




街並みメイン
2012.07.31 Thu

Filter: Rise
Contrast: OFF
Comment:
太陽に照らされた街並みが綺麗。明日もがんばろうって気持ちになれる!
元画像

インスタントで楽しいInstagramですが、過去に流れて行きがちなのでちょっと掘り出したりしてみようという試み。

自然で暖かみのある感じのフィルターが好きです。
あんまりジオラマっぽくしたくないので部分的な暈す機能はあんまり使わない派。
後ご飯はフィルターかけると美味しくなさそうになるので基本はかけません。
色相彩度明るさ補正とかはするよ派。
だからInstagramにご飯写真はほとんどないのです。

1:25 追記: 比較用の元画像もうpしました

千葉都市モノレールを見上げる
2012.06.30 Sat

Filter: Amaro
Contrast: ON
Comment:
空の青さを強調したくてRiseじゃなくてAmaroを選択。
コントラストをONにしたのは、つっている部分の細かいディテールを見せたかったからです。
斜めにくねって続くラインがどこまで続いていそうで、見てて楽しかったです。
見てて楽しいものは撮っても楽しい説。
元画像



実家のそばのトウモロコシ畑
2012.07.14 Sat

Filter: Rise
Contrast: ON
Comment:
空が曇って綺麗じゃなかったのと穂先が空に消えてしまったのでコントラスト強めにしました。
下から見上げる感じに空に伸びてる感じを意識。
元画像



御滝不動尊 本道への道
2012.07.14 Sat

Filter: Rise
Contrast: OFF
Comment:
光があまり入ってこないので明るめのフィルターを。Rise好きなのか私。。
道が真ん中だとバランスが面白くなかったので林をメインにして、曲がり道を写して先に続く感じを出してみました。
元画像



御滝不動尊 海老川源流
2012.07.14 Sat

Filter: Valencia
Contrast: OFF
Comment:
Riseより光が自然な感じで明るく入れられたのでValenciaを選びました。
実際はもっと暗い場所なのですが、フィルターをかけることで光が幻想的になってRPGに出てきそうな非現実っぽい印象に変えられたのが面白かったです。
あまり被写体をセンターに入れたくないよ派なのですが、これは中央のバランスが綺麗だったのでセンター一択でした。
元画像



御滝不動尊 旧本堂
2012.07.14 Sat

Filter: Valencia
Contrast: ON
Comment:
空に焦点を合わせれば本堂内が暗く、本堂に合わせれば空が白飛びするというアプリの限界を感じた一瞬。
元の写真をHDRで撮影して、その上でコントラストを強くしてみることで背後の太陽の雰囲気を強めてみました。
Riseより均等に本堂内が明るく写せたValenciaを選択。
元画像



万世橋@秋葉原 から夏空と神田川
2012.07.16 Mon

Filter: Hudson
Contrast: ON
Comment:
元の写真をHDRで撮影して雲と空のコントラストを際立たせ、さらにコントラストを強くして空と雲をはっきりわけてみました。
PCで見ると結構ザラザラなんだなぁとちょっと残念な気持ちに。
左の壁を使って空を三角に切り取るように頑張ってみた!
遠くに見える空が懐かしい感じに撮りたかったのです。
元画像



淀橋@中野坂上 辿って行くと秋葉原な神田川もここはまだ浅い
2012.07.22 Sun

Filter: Amaro
Contrast: ON
Comment:
空が楽しい感じじゃなかったのでコントラストを上げて、更にラインのぼかしを入れてジオラマ風に加工しました。
ちょっと霧がかかっているような不思議な印象にできたので、いっかな。
水面のキラキラは激しいけど、嫌いじゃない雰囲気です。
元画像



時折思い出したようにまとめてみようかなー。
と思います。
長く連なるものが好きなのかもしんまい。

このページのトップヘ