だいたい月刊なみこ

写真とキャンプの話が9割でしたが、今後はカオスになっていきそう。。

カテゴリ: 食べた/作った

こんにちは。なみこです。

遠い昔学生の頃、学校の共有サーバーにあげたファイルに Niceguy って書こうとしたのに Nicegay って書いちゃって、犯人は誰だって言われたのをひたすら隠した思い出がよみがえります。
街(ガイ)って聞くと。
その頃から十数年後、ゴールデン街に立つとは思ってもみなかったです。

お世話になるO2では、お通しを担当の人がそれぞれ試行錯誤して出す仕組みになっています。
悩んだ、すごく悩んだ。。

結果、清美印のレバーペーストとマスカルポーネ&コンビーフ(レシピ?は↓に!)のパテ、鶏ハムを出すことに。
image

清美というのは母の名。
我が家に伝わる母の考えたレシピで作られた一子相伝のレバーペーストです。
そのまま食べてもいいのですが、ポン酢と紅葉おろしでちびちび食べてもいいんですよね、これ。
マスカルポーネ&コンビーフのパテは、よく行ってたお店で食べて美味しかったので真似て作ってみました。

研修はしたものの、何をしていいかわからず右往左往。
電気の場所すらわからず、一緒に来てくれた友だちがつけてくれる始末
はわわ。。
友だち、めちゃくちゃかわいい看板を描いてくれました
image
家でフェレットを飼っているのですが、それで描いてくれたんですよ。。!感動!
みなさまに支えられて生きてます。

ちなみに参考のフェレットはこんな感じです。のびのび。

会社の同僚に話をしていたのと、Facebookでゆるりと告知をしたのもあって、心優しいみなさまが来てくれました。。泣いちゃう!

そして、まさか来ると思ってなかった父登場
会社のみんなやお店のオーナーさんに身内を紹介する日が来るなんてね・・!
こそばゆいけど、ありがたかったです。

ハイボールはマスターした。なんて大口叩いたものの、相変わらず分量はわからない…!
濃かったりめっちゃ薄かったりしていそう。
家でも勉強のために飲むようにしようと心に誓うのでした。
ウィスキーなら腐るほどあるぞぅ!(好きなのはバランタイン~)


そんなこんなで、お店を閉めたのは2時頃。
方向が近い友だちが残ってたのですが、階段を上ってくる足音が聞こえてザワッとなる瞬間がありました。
表の扉の鍵、閉まってます。
どういう、ことかな。。
・・・次回に続、
かないっ!(特に何かを見ちゃったとかはありませんでした)

アラ◯ーに続くのは肉体的なダメージのみ。
月曜デビューで水曜ぐらいまで体力回復100%にならなかった。。
次回戦闘コマンドは いのちをだいじに に決定しました。

月曜日、お客様は15名。身内を除くと3名。
常連さん、増やしていかないと…っ
室内に飾ってた看板(描いてもらったやつ)、ほんとは扉にかけるものだって、後日気付きました。
このせいもあるのかな。。!と、思いたいところです。
きっと寂しくしてると思うので、よかったら遊びに来てくださいね。

LINE@の友だち増やそうキャンペーンも継続してやってます!(次回お店に置くよ)
LINE@情報
初日来てくれたみんな、ポイント付与できなかったので、登録してもらったら後日ペタペタしたいと思いますm(_ _)m
今後ともよろしくお願いいたします♪


新しく覚えたカクテル
ジントニック
ライムを軽く絞って、グラスの口のところを一周するようにライムで濡らすといいそうです。

お通しのレシピ
コンビーフとマスカルポーネのパテ
  • コンビーフ…100g
  • マスカルポーネクリーム…100g
  • マヨネーズ…大さじ1
  • 塩…少々
  • 胡椒…少々(キリッとさせたければ多めに)
  1. コンビーフを容器から取り出し、口当たりを良くするために包丁でよーくたたきます
  2. コンビーフとマスカルポーネをよく混ぜます
  3. マヨネーズと塩コショウを追加したらふんわりとよく混ぜます
  4. スプーンで綺麗に成形してクラッカーを添えたらできあがり~
口当たりをクリーミーにしたい場合はもう少しマスカルポーネ多めが良いと思います。
私は胡椒が好きなので結構多めに入れます。
こっくりしたのが好きであれば、マヨネーズは多めが◎

おすすめアイテム



今日はオールドレンズパラダイスの撮影実習で等々力渓谷まで行きました。
運動不足解消がてらに自転車で移動したものだから、ご飯もヘルシーなものを食べよう!と思い立ってちまたで噂のサラダチキンを買いにセブンイレブンへ。
25045500_320x240

元ネタ: セブンイレブンの「サラダチキン」がまさに“ダイエットの権化”と話題に
残念ながらAmazonでも楽天でも取り扱いはしていないようです。

店舗に到着。
棚にない!と絶望したのですが、こっそり全然関係ない棚の端っこに置かれているのを発見!
そのままでも食べられるそうですが、なんか寂しいなぁと思ったら、これまた野菜売れ残りコーナーに悲しく放置されている白菜を発見。
よし、パパ今日はピェンロー作っちゃうぞ
dancyu読者支持率No1 ピェンロー(dancyu2012年12月号)
顆粒の出汁は使わずに干し椎茸や豚肉、鳥もも肉からうまみを引き出すのが本来の作り方なのだけど、お肉はサラダチキンだけで補いたかったので鶏ガラスープで代用。
春雨がコンビニで売ってない!!
そんな時には

コンビニで必ず売ってるOLの味方。
こいつで代用しちゃいましょう。(シンプルな味のやつなら何でもいいと思います)
鶏ガラを控えめにして粉末も投入しちゃえばうまみもプラス!

作り方は簡単。
白菜の芯の部分を食べやすいように薄く切って、沸騰したスープに先に投入して茹でます。
芯がくたくたになった所でざく切りにした葉の部分と春雨、手で裂いたサラダチキンを投入します。
ごま油を2周りほどまわし込んだら葉がしんなりするまで煮て完成。

スープの味は薄めに作って、塩と七味をお好みでよそった取り皿にスープをとり、薄めてつけダレの完成です。
白菜1/4でも鍋いっぱい3〜4食分はできます。
元々下味がついてるチキンなので十分美味しい。
長く煮込まないでさっさと作れるのが時間のない時には良さそうですね。
サラダチキンのピェンロー

新宿に買い物に来たら、ぜひ行って欲しいお店。
coffee&tea BBB
もちろんお店の推しは珈琲と紅茶なんだけど、サンドウィッチがまた絶品!
特に黒パンを使ったものが、甘みがあって最高に美味しい。

画像1

アボカドとサーモンとクリームチーズのサンドウィッチ。
アボカドはうすーくスライスされているので、噛み付いても飛び出しません

単体だとスープが付いて800円、飲み物を頼むと-200円引きになって、飲み物代が別途プラスされます。
しっかりした美味しさの珈琲でありながら450円と安め。
お代わりは200円プラスでできるので、ゆったりクラシックやJAZZでも聴きながら本を読むのには良いのでは?

そしてなにより、私のオススメはガトーショコラ。
日替わりで五種類くらいのケーキが用意されていて、シフォンケーキ、チーズケーキ数種類とガトーショコラがあります。

画像1

甘すぎない生クリーム、しっとりとしてほろ苦いガトーショコラはケーキ屋さんもビックリなほど美味しい。
このケーキのために食べに来ても良いくらい好きです。

丸ノ内線の西新宿駅を成子坂方面に出たら駅から徒歩30秒もかからないところにあります。
東口の喧騒に疲れたら、訪れると癒されますよ。

引っ越してなかなかこれなくなるのはさみしいです。
どうも写真が全般茶色いですけど。
茶色い食べ物って、美味しいですよね!

もうちょっとブームから外れてますが、前から気になっていたグリーンスムージーに挑戦してみました!
今日はカメラのお話はないです(`・ω・´)
あまり青臭いものや酸っぱいものが得意ではないので、色んなレシピを元に甘めに作っています。
飲んでみてすごく飲みやすかったので、初めての人にもおすすめできそう!

グリーンスムージー 〜なみこ風〜

作成時間: 10分ぐらい
できる量: 約300ml
  • バナナ … 1本
  • キウイ … 1個
  • 小松菜 … 1束
  • トロピカーナのマンゴーミックス … 100ml
  • お水 … 100ml
  • はちみつ … 大さじ1(お好みで)
買ってきたバナナが青かったのではちみつを追加しました。
熟してきたら必要なさそうです。
  1. それぞれを一口大に切ってミキサーに入れる

    グリーンスムージー準備
  2. 1分ほどミキサーにかける
  3. できあがりー!

    グリーンスムージー

実際作るときはこの倍の量で作ったのですが、それでコップ3杯分ぐらいでした。
ざっと計算で1日分で200円ぐらいです。

大事なことメモ

  • スムージーを飲む前後30分〜1時間は食べ物を食べないこと
  • 消化吸収をしやすいように繊維を細かくすること
  • デトックス効果の好転反応として、一時的に肌荒れや便秘、頭痛等が出ることもあるそうですが、次第に治まっていく
  • 飲むときは常温に戻してから飲むようにすること

朝食べるのが面倒だったり、野菜不足だったりしてましたが、コップ一杯飲んだだけでお腹いっぱいになるぐらいのボリューミーさ。
バナナが入ってるせいもあって大分もったりとして胃に溜まります。
しばらく続けてみようと思います。
デトックス効果期待age!!

キリン トロピカーナ フルーツ×フルーツ マンゴーブレンド 250ml×24本
キリン トロピカーナ フルーツ×フルーツ マンゴーブレンド 250ml×24本

近場でふらりと紅葉を見に行ったのでおさめてきました。
場所は新宿御苑。
この季節だと16:30には閉園とのことで、ぼんやり行ったものだから1時間もしないうちに時間が来ちゃいました。

  • OLYMPUS OM-D E-M5
  • 千代田光学 Super ROKKOR 1:2.8 f=45mm
  • 新宿御苑 日本庭園近く
お試し期間中のLightroomで赤みとコントラストを少し補正しています。
使いやすいなー。。ソフト買っちゃおうかなー。

次に寄ったのは旧御涼亭。都の選定した歴史的建造物とのこと。
竣工:1927年(昭和2年)10月。
昭和天皇の御成婚を記念して台湾在住邦人から贈られた本格的なビンナン建築様式の建物。
1945年の東京大空襲では、旧御凉亭と旧洋館御休所を残してほぼ全焼。
1949年に国民公園新宿御苑として一般に開放されるようになる。

  • OLYMPUS OM-D E-M5
  • 千代田光学 Super ROKKOR 1:2.8 f=45mm
  • 旧御凉亭 外壁とナンテン
曇天の中に赤いナンテンの実がかわいかったです。

  • OLYMPUS OM-D E-M5
  • 千代田光学 Super ROKKOR 1:2.8 f=45mm
  • 旧御凉亭 内から外を眺める
部屋の中から外をのぞいてる感じにしたかったんですけど、うまく表現ができませんでした。

なんて、一生懸命撮ってたら蛍の光が
週末ぐらい夜型生活を改めないとなぁ。と、思ったのでした。


そういえば、何も今日食べてないなーと思い、行きがけに見かけたつけ麺屋さんをチェック!
お。評価高い。そしてえびつけ麺…だと!?
と思い。ふらりと立ち寄り夕ご飯。
お店の名前は『五ノ神製作所』。
頼んだのはシンプルにストレートなのを頼んだのですが、味噌味、トマト味(!?)もあるとのこと。
つけ汁は足りなくなったら無料で追加できるそうです。

海老つけ麺@五ノ神製作所

来てみてびっくりなつけ汁は海老のビスクなのか!!って感じのドロドロ感。
味は濃くないのですが、ものすごいコクがある。
麺は太めで香ばしくて良く汁に絡みます。確かに無料で追加できるのは嬉しい感じ。
麺がだいぶきゅっと締められて出てくるのですが汁があまり熱くはないので、今度はあつ盛りにしてもらおうかなぁ。

〆のスープ割りが最高に美味しい。また来てみたいお店でした。
口コミを見てると大分待つそうですが、私の行った時間が中途半端だったからか待たずに入れてラッキーでした。

と、気づけばらーめん評価の文章の方が長かったです。
うまかったー

2012-07-26 03:33:21 写真1

どうしても麩まんじゅうが食べたくて、いっそ作ってしまうか!なんて軽はずみに考えて作り始めたのが夜の22時。
完成まで5時間にも渡るバトルが繰り広げられるとは。。

まずはグルテンを作るために
・強力粉 220g
・塩 小さじ1
・水 100ml
を20分ほどこねます。
手首がおれるんじゃないかってぐらいのコシ。
小麦粉パナイです。
よくこねたら濡れふきんを軽くかけ、ラップをして2時間寝かせます。

この間にこしあんを作ります。
こし餡の粉が玉三から販売してたので購入。
・こし餡の粉 90g
・砂糖 100g
・水 100ml
こちらを混ぜて、中火でよく火を通します。
あとは冷ますのみ。

待機中に夏雪ランデブー読破。
2時間経過。

できあがったのがこんな感じ。(写真のはすでにちょっと濡らしてしまった後)
2012-07-26 03:28:08 写真1

ここから流水に浸しながら、小麦粉を押した時に水が澄んでくるぐらいまで揉み洗います。
延々30分ぐらい。
ちょっと多めに小麦を用意したものの100gにみたない97gのグルテンをゲット!
2012-07-26 03:29:18 写真1

洗ったまんまなくなったりしないかちょっと心配だったけど、とどまってくれて良かったです。

さらにグルテンをそのまま常温で1時間ほど寝かせます。
この間にピアノの森を消化。

寝かせ終わったこのグルテンに
・白玉粉 100g
・水 100ml
をまぜます。
お好みでヨモギや抹茶を適量混ぜてもいい感じになります。
今回は青ノリと抹茶で作ってみました。
2012-07-26 03:30:07 写真1

この状態から
2012-07-26 03:31:00 写真1

ここまでいくには本当にめげそうになりました!
全然混ざらなくて。。。
コツは中央に練りこんでいくように混ぜることでしょうか。
あと諦めないこと…なんて思ってたら、フードプロセッサーで攪拌すればいいよって話を見かけて、オマイは天才か…と思ったのでした。
次はそうしようと思います。

思いの外柔らかくて包みづらいので、サランラップの上で伸ばしてくるっと包むと良さそうです。
少しでも穴があるとあんこが流れ出て悲惨なことになるので、しっかり包まないとダメです。
膨張して隙間が空く可能性もあるので、気をつけて下さい!
2012-07-26 03:32:10 写真1

後はクッキングペーパーの上に乗せて熱湯へダイブ!!
浮き上がってきてから数分茹でて、あとは冷水でよく冷やしたらできあがりです。

根気のいるお菓子だなぁと思いました。。
機械で作ればもっと簡単なのでしょうけど、完全手動だと手首もおかしくないっちゃいそうなレベルの肉体労働でした。
あんこは夏場なのでちょっと塩気を強めに。
もちもちした食感はバッチリでした。
何個か隙間が空いててうまく行かなかったけど。
また作る時がきたら気をつけたいですね。
当分ないけど!
和菓子は体力を使うなぁと思ったりしました。
いい経験ー。

うどん作りもそうだけど、やってみて過程を知った上でお店のものを食べるとありがたみがまして良い感じです。
お金を払う意味を体を持って知る感じです。
調理過程に体力が必要であればあるほど…。

結論、便利なものは率先して使うのが吉。
麩まんじゅう粉とかを購入すれば、この半分以下の手間ですむはずです。
自分で作るのも楽しいけど、平日にやるこっちゃないですね。(そらそうだ

b0163004_7533538

世の中、なかなか進化しないものって多いと思うんですよね。
傘もいまだに手に持って歩いてますし。
反重力装置で雨をはじき返す時代はいつくるのでしょうか?

そんな中で日進月歩、進化しているなぁと思ったのが、納豆。
の、パック!

よくあるメジャーなスタイルって、ふたを開けると半透明なセロファンで蓋がされていてその上にタレとからしの小袋がのってると思います。
セロファンを外すと納豆がのびて、くるくる糸を切りながら、その時既に手はべたべたで、タレやからしを開けようにも手が滑って、イラッとしながら歯で食いちぎる。なんてワイルドだろ〜?
みたいになるのが定説というか。。わらづとから進化した先がそれでいいのかと!長年思っておりました。

近年になってタレがゼリーになってて、箸でつまんで混ぜるスタイルの納豆があったりもしましたね。
mesiagarikata
ミツカンの『あらっ!便利』シリーズでした。
めんどくさがりな私にとってこれは画期的というか、やるなーって印象だったのを記憶しています。
ネットでは混ぜにくいとかって話になってたみたいですが。

前はこのラインナップの中に「超やわらか納豆 とろっ豆」も含まれていたはずなのですが、こちらが更に改良されていました!
蓋を外して、その蓋にタレが入っているだと…!?

蓋もすごく切りやすいようになってて、パキって割ると適量のタレがかかって後はませるだけ。
なんという効率化!!
ただし、からしは入ってないので好きな人は要追加です。

金のつぶシリーズは味がしっかりついてるので、個人的に結構好きです。
超やわらか納豆 とろっ豆 は中粒と書いてあってもだいぶ大きくて柔らかいのもいいですね。

パッケージもかーわーいーいー!
ちなみにこちらは極小粒。
気になった人はぜひお近くのスーパーへ!

ほうれん草ときのことリコッタチーズのテリーヌ
ほうれん草ときのことリコッタチーズのテリーヌ


来るべきイベントに備えて試作品を研究中です!
#言 緊急告知!一日居酒屋をやります
遊びにきてくれる人絶賛募集中ですっ

リコッタチーズも買うと高いそうなので、レシピを調べて作ったり。
一個作るのに2〜3時間ぐらいかなーと。(主に冷やす時間が長い)
ゼラチンが落ちつくには一晩必要でした。

ほうれん草はもっと細かく刻むのと(ペーストレベルでも良さそう)、きのこももう少し小さくてよかったと思いました。
後型の横幅が広かったので高さが出なかったなーとか。

リコッタチーズは牛乳1リットルでなんと150gしか採取できなかった!
なのでちょっと理想の分量より写真の素材は少ないです><
もう少し白い層がある予定!
レモン汁を増やせば抽出できる量も増えるのですが、酸味がきつくなっちゃうのやだなーと思って控えました。
そのせいか口当たりはとてもいいものができました。

切れる包丁がないとぐずぐずに切れちゃいそうで怖い!
見た目の美しさがテリーヌの良さの一つでもあると思うので。。

そんな感じで準備真っ最中です!
デザートも別のにしようか迷っていて施策品を作りたいところです。

どんなものか気になった方!
無銘食堂で僕と握手っ!

ほうれん草ときのこのテリーヌ  詳細を楽天レシピで見る
ほうれん草ときのこのテリーヌ

yasai01

友だちといった農家の台所 新宿三丁目店が素敵だった!
上の写真はお通しのチーズ入りシュー。カブみたいなデザインになっててかわいいー。
奥に見えるのはサラダバーでつめこみまくった新鮮なお野菜たち。
店舗によって少しづつメニューが違うみたいです。

ちなみに行った場所は↓ココ。


頼んだのはディナーコース3800円。
dinner01

前菜と主菜に好きなものを選べて、食べ物によってはちょっとプラス料金で変わったものが食べられる感じ。
全般的に女の子がすごく喜びそうな作りでした。
メニューのデザインもかわいいしねー。

yasai02
サクサク筍のライスコロッケ

トマトソースには何かすり下ろした他の野菜が入ってた感じ。人参かなぁ?
真ん中に筍が入ってて食感がいいです。

yasai03
大山鶏のローストと野菜のミジョテ

ミジョテはことこと長時間煮込む調理法の事をおフランス風に言ったものらしいよ!
焼き色の部分が香ばしかったです。大山鶏うまー!
ミジョられたじゃがいも(品種なんだったんだろう!)がハンパ無く美味くて、もっともっとじゃがいも!!と、思いながら食べていました。

yasai04
烏骨鶏の卵とあおさ醤油

プラス250円のオプションでつけちゃいました!
I Love TKG!!あおさ醤油の香りがたまりませんなー。
子供の頃は実家でよく食べてたからありがたみがわからなかったけど、大人になるとこういうシンプルで素材が美味しいものに惹かれていくものですね。
ハンバーグ大好きだけどね。

yasai05
農場の皆さん総選挙

店内の奥のお座敷部分は、昔の日本家屋っぽいデザインになっていて、歴代のご先祖様とか飾ってあるように見えるけど、こちら全部農家の皆さんの写真なんだぜ。。
一瞬演歌歌手か!みたいなドヤァ感なポスターなんかもあって目を疑ったのですが。
すごく、農家です…///
ちなみに投票もできて愛され野菜ナンバーワンみたいなこともやってるみたいです。
おもしろーい!!

一番大事な事言い忘れていましたが、ここのお店の一番の売りは新鮮野菜のサラダバー!
20種類近くの取れ立てサクサクみずみずしいお野菜がおかわり自由。
特製のドレッシングと紫蘇味噌タレとハーブの入った塩にディップしていただきます。
バーニャカウダソースもあるので、お好みで追加して食べてもいい感じ。
サラダバーは単体で1380円ぐらいだったかな。。
それぞれのお料理も1000円オーバーぐらいな感じなので、初見はコースでオーダーするといいかもしれません。

パプリカなんて本当に甘くて、何もつけないでどんどん食べられる!
サラダバーとバーニャカウダとちょっと飲み物でお腹いっぱい食べるなんてヘルシー女子ディナーにいい感じのお店でした。
ちなみにお気に入りのお野菜を買って帰る事もできるのです。
捗る!むっちゃいいー。

一品づつが小さめサイズなので、コスパはちょっと高いかもですね。
味は全体的にちょっと抑えめです。体にいい感じ。
酒飲みのおかずって感じではないので、体にいいものをたくさん食べたい時にオススメです!

IMG_6186


先日雨の降る夜中、新宿オフィスのすぐ側で、みかんの段ボールを抱えた青年に会いました。

仕事帰りで雨も降ってたし、なんか思考がだいぶもんやりとしていたんですね。
「百貨店に卸せなかったみかんがうんぬん!」
みたいな事を言われて、
「きよみって言う品種でー」
みたいな説明を受けた時に、
『きよみかー。おかんと同じ名前やなー。』
ってぼんやり思って、気がついたら6つもみかんを購入していました。

そこから5分ぐらい歩いた所で全く同じ格好をした別の青年が、サラリーマン(酔)二人にみかんを売りつけているのを見かけまして。

そう、みかん売りの青年はなんとスタンド使いだったのです!
ズッキュゥウウウン!!

しかも、清美じゃなくて、清見だったしね。
漢字違いの、勘違い。

翌日会社の同僚にその話をしたら、毒が入っているかも、キモイ、怖い、危ない!
と言われて、確かに!!
なんて思ったんですけど、捨てるのも罰が当たるしなー。
と思って、みかんのパウンドケーキ作りました。(忠告を聞いてない)
あ、けど、ちゃんと味見しましたよ!作る前にね。

#食 祖父とクッキー (ちなみにソフトとかけてました。)のエントリー以来、お菓子作りもなにげに趣味の一部となって、深夜2時にエクレア焼いたりとか、意外とアグレッシブな生活を暮らすようになりました。
焼き菓子作りまじ捗るお。

みかんのパウンドケーキ  詳細を楽天レシピで見る
みかんのパウンドケーキ
ぱさぱさになりがちなパウンドケーキ、みかんシロップをたっぷり浸してラップにくるんで保存中です。
明日にはいい感じになるといいなぁ。

二切れほど食べましたが今の所ぴんぴんしています。(`・ω・´)

愛媛産清見タンゴール(清見オレンジ)家庭用約5kg<愛媛県産>【4月5日頃〜順次出荷予定】
愛媛産清見タンゴール(清見オレンジ)家庭用約5kg<愛媛県産>【4月5日頃〜順次出荷予定】

このページのトップヘ